マレーシアで会社設立する方法4つと設立までのステップを解説

マレーシアで会社設立を考えているお客様から、ご相談を受けていて、

「マレーシアで自分が会社設立する場合、どんな方法があるのか?」
「ビザについてどうすればいいか?」
「どんな形で法人を設立するのがベストか?」

などの質問をよくいただきます。
あらゆる専門家が発信している情報を見ても、
現地法人、ラブアン法人、支店、駐在員事務所など、
総合的に判断できる情報があまりないので、
この記事では、あなたにあったマレーシアで会社設立とビザの種類がわかるように総合的にまとめました。
あなたにとってベストな会社設立の方法はどれか、判断する材料に使ってください。

続きを読む

2017年に移住したい国No1. マレーシア「クアラルンプール」

財団法人ロングステイ財団の調査で10年以上に渡って、『住みたい国No.1』に選ばれているマレーシア。コタキナバル、ジョホールへの移住も最近では増えていますが、マレーシアへの移住となると、多くの方はやはり首都のクアラルンプールを考えると思います。

そこで、クアラルンプールはどんな雰囲気なのか、日本人が暮らすのに便利な点や不便な点を見ていきたいと思います。

続きを読む

マレーシア移住生活の実態。ビザ、仕事、食事、生活費について

海外移住人気No.1と言われているマレーシア。アーティストのGacktさんが移住生活をしていてテレビに取り上げらてたり、日本からの移住者が23,639名(海外在留邦人数調査統計:平成28年外務省)前年度比+4.0%と毎年、増え続けています。日本でビジネスの基盤が出来ていて、海外展開をしたい考えている方、退職・セミリタイアをしてマレーシアに移住をしたいと思っている方、お子様の教育移住を考えられている方など、日々様々なご相談を頂いています。その中でも、実際「マレーシアに住んで○○はどうなんですか?」と質問を受けるのが、ビザ・仕事・食事・生活についてです。今回はマレーシアの移住生活についてレポートしていきます。

続きを読む

ラブアン島にオフショア法人を設立するメリットとデメリット

マレーシアへの移住、住みたいけれどMM2Hの条件は満たせない…かと言ってマレーシア法人を設立して、就労ビザを取得する資本金は無い…という方も多いと思います。
ラブアン法人は、そういう方にとって検討すべき選択肢でもあります。
今回は、ラブアン法人を活用するメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

続きを読む

マレーシアでの法人設立・移住・不動産視察ツアーならマレーシアの達人におまかせください。

マレーシアの達人では、マレーシア移住前(会社・法人設立前)のお客様への視察サポートサービスも行っております。海外に進出する前に、

・海外に移住するのにマレーシアってどんなところなの?

・本当に住めるのかしら?

・住宅やwifiのインフラ環境は揃っているの?

・日本食は食べられるの?

・家族(子供の教育や日本人のコミュニティーはあるの?)

など、心配事はつきないと思います。

なので、マレーシアの達人では、移住や会社設立をする前にクアラルンプールを視察して頂くことをお勧めしています。

(※注)お問い合わせを頂く際の注意点

昨今、大変多くの方から、お問い合わせを頂いております。そのため、お返事にお時間を頂く場合がございます。
またご返信対応しきれないお問い合わせもございますので、あらかじめご理解頂けますようお願い申し上げます。

・既にご契約をいただいているお客様のサポート
・ご新規で具体的なお仕事の依頼についてのお問い合わせ(意志決定済み)

の順番でお返事をしていきます。

また、

・○○について教えて欲しい
・○月○日にマレーシアに行きますがお話を聞かせて欲しい

といった内容についてもお返事にお時間を頂くか、出張と重なった場合等はお返事できない可能性がございます。ご了承のほどお願い致します。

続きを読む

クアラルンプールのシャングリラホテルでアフタヌーンティー

KLには高級ホテルが数多くありますが、ラグジュアリーなホテルが日本よりも比較的お得に利用できるのもマレーシアの魅力と言ってもいいかもしれません。

宿泊するのももちろん良いですが、マレーシア滞在中にホテルのアフタヌーンティーを楽しむのもおすすめです。

今回は、シャングリラホテルのアフタヌーンティーを味わって参りましたので、レポートをお届けしたいと思います。

続きを読む

クアラルンプールのマンダリンオリエンタルホテルでアフタヌーンティー

KL(クアラルンプール)に来たら、日本ではなかなか味わうことができない
エレガントで贅沢なアフターヌーンティーを試してみませんか?

マンダリンオリエンタルホテルのアフタヌーンティーは人気ですが、
今秋はファッションブランドの「Kate Spade New York」と期間限定コラボをしています。

普段とは違ったアフタヌーンティーを頂くことができるのでおすすめです。

続きを読む