マレーシアで会社設立する方法4つと設立までのステップを解説

マレーシアで会社設立を考えているお客様から、ご相談を受けていて、

「マレーシアで自分が会社設立する場合、どんな方法があるのか?」
「ビザについてどうすればいいか?」
「どんな形で法人を設立するのがベストか?」

などの質問をよくいただきます。
あらゆる専門家が発信している情報を見ても、
現地法人、ラブアン法人、支店、駐在員事務所など、
総合的に判断できる情報があまりないので、
この記事では、あなたにあったマレーシアで会社設立とビザの種類がわかるように総合的にまとめました。
あなたにとってベストな会社設立の方法はどれか、判断する材料に使ってください。

続きを読む

2017年に移住したい国No1. マレーシア「クアラルンプール」

財団法人ロングステイ財団の調査で10年以上に渡って、『住みたい国No.1』に選ばれているマレーシア。コタキナバル、ジョホールへの移住も最近では増えていますが、マレーシアへの移住となると、多くの方はやはり首都のクアラルンプールを考えると思います。

そこで、クアラルンプールはどんな雰囲気なのか、日本人が暮らすのに便利な点や不便な点を見ていきたいと思います。

続きを読む

マレーシア移住生活の実態。ビザ、仕事、食事、生活費について

海外移住人気No.1と言われているマレーシア。アーティストのGacktさんが移住生活をしていてテレビに取り上げらてたり、日本からの移住者が23,639名(海外在留邦人数調査統計:平成28年外務省)前年度比+4.0%と毎年、増え続けています。日本でビジネスの基盤が出来ていて、海外展開をしたい考えている方、退職・セミリタイアをしてマレーシアに移住をしたいと思っている方、お子様の教育移住を考えられている方など、日々様々なご相談を頂いています。その中でも、実際「マレーシアに住んで○○はどうなんですか?」と質問を受けるのが、ビザ・仕事・食事・生活についてです。今回はマレーシアの移住生活についてレポートしていきます。

続きを読む

ラブアン島にオフショア法人を設立するメリットとデメリット

マレーシアへの移住、住みたいけれどMM2Hの条件は満たせない…かと言ってマレーシア法人を設立して、就労ビザを取得する資本金は無い…という方も多いと思います。
ラブアン法人は、そういう方にとって検討すべき選択肢でもあります。
今回は、ラブアン法人を活用するメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

続きを読む

クアラルンプールのシャングリラホテルでアフタヌーンティー

KLには高級ホテルが数多くありますが、ラグジュアリーなホテルが日本よりも比較的お得に利用できるのもマレーシアの魅力と言ってもいいかもしれません。

宿泊するのももちろん良いですが、マレーシア滞在中にホテルのアフタヌーンティーを楽しむのもおすすめです。

今回は、シャングリラホテルのアフタヌーンティーを味わって参りましたので、レポートをお届けしたいと思います。

続きを読む

クアラルンプールのマンダリンオリエンタルホテルでアフタヌーンティー

KL(クアラルンプール)に来たら、日本ではなかなか味わうことができない
エレガントで贅沢なアフターヌーンティーを試してみませんか?

マンダリンオリエンタルホテルのアフタヌーンティーは人気ですが、
今秋はファッションブランドの「Kate Spade New York」と期間限定コラボをしています。

普段とは違ったアフタヌーンティーを頂くことができるのでおすすめです。

続きを読む

マレーシア移住MM2Hビザのメリットと申請条件、手順についてまとめ

マレーシア移住について問い合わせが多くなってきているMM2Hについてご紹介します。実際にMM2Hを取得されて、既にマレーシアに移住されている方や、日本にいるけどMM2Hビザを取得していずれマレーシアへの移住を検討したり、資産運用のために使っている。

という方も沢山いらっしゃいます。最近ではMM2Hビザの条件が3倍くらいに引き上がるのでは?という情報も飛び交っていますが、現状のマレーシアMM2Hビザについての情報をまとめてみました。

取得をご検討中の方は記事下のフォームよりお問い合わせ下さい。

続きを読む

マレーシアIT企業優遇措置「MSCステータス」を発行しているMdecとは?

マレーシアでは、さまざまな法令において税制上の優遇措置が与えられます。

これらの優遇措置は、奨励業種である製造業、農業、観光業、特定サービス産業およびR&D(研究開発:Reserch and Developmentの訳)、職業訓練事業、環境保護事業、地域流通センター、マルチメディア事業などが対象とされているのです。

その優遇措置制度の1つであるMSCステータスについてお話していきましょう。

続きを読む

マレーシアの公共料金や高熱費(水道、電気、インターネット)をメイバンクオンライン支払いする方法

日本では公共料金を銀行口座から自動引き落としで毎月の支払いをしていた方も多いのではないでしょうか。マレーシアでは自動引き落としのシステムはありません。

支払いをするには、郵便局に足を運んで支払いをしなければならないのです。毎月郵便局に行くのはかなり大変ですね。今回は、問い合わせでも特に多い、公共料金をオンラインバンキングで支払う方法について紹介していきます。

続きを読む