日本で預金封鎖の可能性?海外銀行口座・オフショアバンクの魅力をわかりやすく解説


海外の銀行口座には、金利の高さや外資預金の手数料がかからない点、世界中の場所から入出金に対応しているなど多くのメリットがあります。資産分散やポートフォリオ作りの一環として、海外銀行口座を持ちたいが、口座開設するには手続きが複雑そうで…という方もいますよね。
また、日本に住んでいると海外口座を保有できない、現地に住んでいないと開設できないのでは?という疑問をお持ちの方もいらっしゃいます。
海外銀行口座、オフショアバンクのメリットと魅力についてまとめてみたいと思います。

オフショアバンクのメリットと魅力

tax-refund-life-680x430[1]

・日本の銀行と違って、他の外貨預金の手数料がほとんどかかりません。
・世界中のどこからでもATMで出金が可能
・世界中の魅力的なファンドに投資が可能
・日本の銀行と比較して、格付けも信頼性も高い
・ペイオフのレートが日本よりも高い国がある
・金利が高い銀行が多い
・インターネットバンキングに対応している銀行が多数

※ペイオフとは・・・?金融機関が破綻した場合に預金者の権利を守るために一定額の保険金を支払う仕組みのことを指します。

日本居住者でも開設できる海外銀行口座

main_img_pc[1]

現地で開設手続きしなければならないも銀行はありますが、海外へ渡航する費用をかけずに、日本で簡単に口座開設手続きができる銀行もたくさんあるのです。

インターネットで世界中の情報へアクセス出来る環境が整っている現在。ネットから入力フォームに必要な情報を入力するだけで口座開設を完了できる銀行やオンラインバンクもあり、郵送で申し込み申請から手続きまでを承っている口座もあります。また以下の銀行は日本に居住しながら、日本の住所でオンライン開設が完了できます。

moshennichestvo-5[1]

HSBC / スタンダードチャータード銀行(香港)
DBS(シンガポール)
ロイズTSBオフショア / ハリファクス インターナショナル(イギリス)※郵送対応
中国民生銀行/中国光大銀行/招商銀行(中国)
LOYAL BANK(セントビンセント)※郵送対応

簡単な口座開設手段

leasing-land-contract[1]

最も簡単な方法としては、開設代行サービスもあります。
国際的な身分証明書となるパスポートを予め用意しておけば、必要書類の準備・作成・送付までの手続きを代行で行ってくれるサービスです。英語力に不安のある方や、海外へ行ったことがないと手続きに慣れていない方はこういったサービスを利用するのも有効です。
マレーシア移住、MSC取得やその他のご相談はこちらのコンタクトフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。
記事の内容についてのリクエストも受付中です♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

SNSでもご購読できます。

PR

コメントを残す

*