マレーシア観光・移住に役立つ情報~携帯電話とWifi事情~


マレーシア滞在中にも携帯電話の使用、パソコンでのインターネット通信は必要ですし、持っているととても便利に使うことができます。
日常生活で欠かせないアイテムである携帯電話ですが、日本と違いはあるのでしょうか。マレーシアの携帯電話事情について紹介します。

プリペイドの携帯電話が一般的

p3_1-1031968633ae967307f01ac6c1b30869bff37657

マレーシアでは約8割以上の方が月額制ではなくプリペイドで携帯電話を使用しています。

日本人にとって少し分かりづらい点というと、SIMカードと携帯電話が別々であるということです。

日本では携帯電話キャリア(Docomo/Softbank/auなど)に行くと、携帯電話にSIMカードがついてくるのは当たり前ですよね。

しかし、基本的には東南アジア諸国において、携帯電話の購入とSIMカードの購入は別になります。

また、日本の携帯のような携帯電話のキャリア縛りがなくSIMフリーの携帯電話もSIMフリーの携帯がほとんどです。

日本の携帯電話を持ち込む場合

日本のキャリア(Docomo/Softbank/auなど)で購入した携帯電話をそのまま持ってきてマレーシアのSIMを挿入しても日本携帯キャリアのロックがかかっているので使用することができません。

あらかじめ、日本のキャリア(Docomo/Softbank/auなど)などに問い合わせをして「海外に行くので日本のSIMロックを解除して下さい」というように手続きしておきましょう。

※キャリアによっては6ヶ月の縛りや、できない機種等もあるそうです。

SIMカード

=電話番号を特定するための固有ID番号が記録された、携帯・スマホが通信するために必要なICカード

SIMカードの形状は端末によって異なる為に、利用している端末のSIMカード形状を確認した上で購入しましょう。また、全てのデータ端末機器の利用保証をしているわけではありません。対応端末について、動作確認済みのデータ端末をチェックしておきましょう。

SIMカードはマレーシアの空港で購入できます。特に有名な通信会社はHotlink(maxis)とDigiの2社です。

マレーシアで携帯電話を利用するには

smartphone-1284501_640

■SIMフリーの携帯電話を購入する

SIMフリーの携帯電話は、日本でもマレーシアでも購入することが可能です。

日本で購入する場合はオークションで購入する方も多く、マレーシアで購入するという方は、空港でもショッピングモールなどの中にはだいたいお店があります。また各キャリアの店舗でも携帯電話端末を購入することができます。

通話とメールだけで十分という方は、安い携帯電話で日本円で2,500円ぐらいから購入できます。

安い携帯電話もありますが、スマホがおすすめですね。マレーシアで移動をする時に、インターネットで道や場所を調べたり、タクシーを読んだりすることが多いのでとても便利です。

通話料・データ通信料は?

通話料やデータ通信量も気になりますよね。

通話料+データ通信量(2GB)

合計目安 約30RM/月 (800円程)

といったところでしょう。

基本的に公共施設やカフェなどではWIFIを使える場所が多いので、データ通信も3GBあれば意外と大丈夫。もしも3GBなくなっても、すぐには切れず、前回のチャージから1ヶ月はアクティブ(受信可能)なので、速度はすごく遅いのですが使用することができます。

チャージがなくなってしまったら…

プリペイドカードでは、1日RM1を使用するよう設定されています。節約して使用しなかったとしても、日数が過ぎると使用できなくなってしまいます。アクティブな状態ですが、こちらからかけることができなくなります。

こうなった場合には、再度チャージが必要です。

通話料もデータ通信も無くなった場合には、各キャリアの店舗で再度チャージをします。マレーシアではチャージを”Top Up”と言います。

店舗に言って

“please, Top Up!”

と言えば、だいたい

“How much?”

と聞かれるので、希望の金額を伝えましょう。

貰ったプリペイドカードに書いてある通りの番号を入力すれば、チャージが完了します。店員さんに携帯を渡して、その場でチャージをしてもらうこともできます。

Wi-Fi環境は

blogger-336371_640

マレーシアでは比較的どこのお店でもWifiを使用することができます。日本でもお馴染みのスターバックスやローカルチェーンのOld Town Coffeeや他のレストランでも使用できる所は多いです。

パスワードが必要な場合も多いので、店員さんに

“Can I have wifi password?”

と聞いてみましょう。

(注)Wifiのマークがついていても実は使えない、遅いというケースもマレーシアではよくあります。

外でPCを使用する際にWi-fiがある場所なら良いですが、その他の場所では携帯電話でテザリングをしてモバイルのWi-fiデバイスを使用する方法が一般的です。上記で紹介した各キャリアのUSBに挿入するものや、ポータブルなものを購入することもできます。

その他にも

Yes
http://www.yes.my/

U COM
http://www.u.com.my/

これらのキャリアも比較的有名で、特にYesはスピードが速いのでおすすめ。しかし、20階以上などの高い所、建物内の特定の場所、都心から離れたところでは電波が悪いこともあります。

通話料・通信量は、1ヶ月10GBで約6,500円ぐらいが目安になります。それほど使用しない場合は、これよりも安く済ませることができるでしょう。

料金に関してはあくまでも目安になりますので、各自ご確認ください。

海外旅行によく行く人にオススメ!

・日本からマレーシアだけでなく色々な国に海外旅行に行く人
・マレーシアに移住しているけど、近隣アジア諸国に旅行している人
・旅行先でいつもその国のSIMカードを買っている人

に特にオススメなのはFlexiroamというsimカードにステッカーを貼ると
世界55カ国でWifi通信することが出来る新しいサービスです。

※flexiroam X対象国はこちら

初期投資30USDで2GB(有効期限1年)で不足分をチャージすることもできます。

こちらのステッカーは現在、マレーシアの空港でのみ購入することができます。海外旅行によく行く方はマレーシアの空港にいる間にカウンターで購入しておくととても便利です!

まとめ

今回はマレーシアに来て携帯電話・Wifiを使う方法についていくつか挙げてみました。ご自身にあった方法で通信手段を選んでみて下さい。

 

マレーシアでの法人設立・海外移住なら 「マレーシアの達人」におまかせください。

「やりたいことが全て短期間で実現しました。」
「そうそう!それを聞きたかったんです!」
「さすが!わかってますね!」

といったお声も多数頂戴しており
親切丁寧・臨機応変で融通の効く対応にご好評頂いています。

 

詳しくはコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA