マレーシアでMM2Hビザを取得するメリット


マレーシア政府が許可するMM2Hビザ。
マレーシアは、日本人の長期滞在希望国の中でも5年連続で首位をキープしている人気ぶりです。
近年では、資産のリスクヘッジや日本以外の国に生活拠点を移す動きが加速しています。
そんなマレーシア政府が10年の長期滞在を許可するMM2Hビザを取得するメリットについてまとめてみたいと思います。

 今、MM2Hビザ取得がおすすめな理由

KUALALUMPURFreWorks-thumb

申請基準が年々厳しくなる傾向。
MM2Hビザは、申請時に経済的証明をする必要があります。
その基準が改定ごとにハードルが上がっているのです。
(数年前は、月々の収入証明は必要ありませんでしたが、現在は月約30万円の収入の照明が必要。)

取得者数が増加している傾向からみて、今後の申請基準が高くなることは予想されます。
定年後に申請を考えていて、まだ時間があると思われていても、その時の条件によって審査基準を満たさないという事もあります。
MM2Hビザは、取れる時に取るのがおススメです。

 歴史的な円高

昨今、円高が続いていますね。
この時期に資産管理のリスクヘッジとして、円を外貨に換えることのメリットは測り知れません。
特にマレーシアは経済が堅調に推移していて、資産管理の部分で今後さらに注目されていくと思われます。
銀行の定期預金の利率も3%前後と日本に比べて格段に良いのも大きなメリットとなります。

 不動産取得の最低購入価格の引き上げ

Real-Estate-Loans

マレーシアでは、外国人不動産購入に関して、最低購入価格を設定しています。(州によって異なる)
現在では、50万リンギット(約1350万円)以上の物件しか購入が出来ません。
すでにペナン州では将来的に100万リンギット(約2700万円)になる事を正式に発表。

しかし、MM2Hビザ保持者には、優遇処置がされ、現行の最低購入価格が維持されるようです。
移住のための不動産購入、またはキャピタルゲイン狙いの不動産購入に関しても選択肢を広げる上ではMM2Hは必須なのではないでしょうか。

 

資産管理

Savings protection

世界中の経済が混沌としていて、日本経済の復活の兆しも見えません。
資産の自己管理はとても重要になっています。
日本の銀行に定期預金をしても、微々たるもので、ペイオフの可能性も否定できない状況です。

マレーシアの場合、定期預金の利率(約3%)というのを知った上で、日本だけに定期預金しておく理由がなくなります。

生活のリスクヘッジ

日本も莫大な借金による財政破たんのリスクが頻繁に言われ始めています。
今後、東日本対震災の経験、東京に来ると予測される大地震を考えると、日本は非常に高いリスクを抱えている国でもあります。

資産を分散することで、リスクマネジメントをし、いざという時の第二の居住地として考えておくとMM2Hの価値は一段と高いものと感じられます。

教育水準が高い

Studious female high school student

マレーシアは、教育環境にも非常に優れています。
まず、英語が共用語として使われているので、生活の中で英語に馴染むことができます。
中華系もマレーシアの人口の約3割を占めるので、中国語も日常的に話されています。
世界で多く話されている英語と中国語を同時に学べるのです。
マレーシアには、優れた米式・英式のインターナショナルスクールが多く、日本で普通の教育を受けるよりも世界で活躍するチャンスがはるかにあると言えます。

さらに、多民族国家で子どものうちから生活し、学ぶことの意義。
今後、インターナショナル化は益々加速していくことでしょうが、早いうちからこうした環境で日常を過ごす事に意義があると感じられます。

 マレーシアを拠点に旅をする

travel

マレーシアは、東南アジアの真ん中に位置していますよね。
近年、アジアを代表する格安航空エアアジアによって、隣国にはバスのような料金感覚で行き来できるようになりました。
マレーシアのすぐ上には、タイ・カンボジア・べトナム、南に位置するシンガポールは橋1本で繋がっています。
さらに南にはインドネシア、ニュージーランド、オーストラリアがあります。

マレーシアの場所は、国内だけでなく、他の国にもたくさん旅をしたいという方に最高の場所と言えるでしょう。

こんな方は今すぐ取得をお勧めしたい

  • 将来的にマレーシアへの移住を考えている
  • 資金的に余裕のある方
  • マレーシアと日本を自由に行き来したい方
  • マレーシアの不動産投資に興味がある方
  • 有利な条件で投資を行いたい方

2.Kuala-Lumpur-Malaysia

マレーシアは南国という言葉がふさわしい国です。
南国特有のゆったりとした時間の流れが心も体もリラックスさせてくれ、恵まれた居住環境、バラエティ豊かな食材はマレーシアの豊かさを感じられる一面です。

MM2H取得の今おススメな理由、そしてメリットについてご紹介しました。
※MM2Hの取得条件などは、予告なしに変更される場合があります。
マレーシア移住やその他のご相談はこちらのコンタクトフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。
記事の内容についてのリクエストも受付中です♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

SNSでもご購読できます。