マレーシアで必須のアプリ!タクシー予約【My Teksi】通称:マイタクの使い方

My Teksiってスペルおかしいでしょ!とつっこみたくなりますが、今回はマレーシア住民必須のタクシーサービスアプリの紹介です。(マレー語でTaxiの綴りがTeksiです。)
マレーシアでは、雨や渋滞だけでなく、通常時でもタクシーの乗車拒否などされます。私の住んでいるクアラルンプールで電車は本当に都心部しか通っていないので、現地の人はほぼ車・バス・タクシーで移動しています。

タクシーは初乗りRM3(100円くらい)で乗れます。
メーターを使わずぼったくるドライバーも多いので、乗る前に行き先と値段の交渉をしておきましょう。
そこで、マレーシアのタクシー事情を大きく変えるサービスアプリが登場しました。
今回は、「My Teksi」と呼ばれる無料携帯アプリをご紹介します。

続きを読む

マレーシアにおける銀行預金金利の比較

日本の低金利になれている人は、短期間でも定期預金にすると利息がもらえるという事を忘れているかもしれません。
マレーシアの定期預金の金利は1ヶ月でもほとんどの銀行が3%以上という、日本よりもはるかに良いのです。
今回は、銀行別に金利をまとめてみました。
銀行預金金利の比較の参考にしてみてください。

続きを読む

マレーシアのメイバンク(Maybank)で口座開設をする前に知っておくべき5つのこと

マレーシアで長期滞在をする際に、銀行口座が必要になりますね。
基本的な原則としては、何らかの長期滞在ビザを持っていないと口座は開けません。
口座開設について事前にマレーシア銀行それぞれの特徴を知っておくとよいでしょう。
今回は、マレーシアで最大手の銀行『Maybank』での口座開設、日本円口座などについてご紹介したいと思います。

続きを読む

マレーシアCIMB銀行の海外居住者でも簡単にインターネットバンキング

マレーシアでのMobileBankingの登録を済ませておけば、携帯電話の番号が手元になくてもワンタイムパスを受けることができます。
それは、MobileBankingのアプリをインストールして、「TAC on Mobile」でワンタイムパスを受けられるというものです。
今回は、CIMBの「TAC on MOBILE」登録方法についてご紹介します。

続きを読む

マレーシアMM2Hビザを取得しよう!申請手続きの流れ

MM2H(マレーシア・マイ・セカンドホーム)ビザとは、一定の基準を満たした外国人のために、マレーシア政府が推進するプログラムで、取得すれば10年間の長期滞在が許可されます。
長期滞在ビザで、年齢制限、宗教上の制限も無く、経済面などの申請条件をクリアすれば取得することができます。

このビザの申請は、2009年以降に個人申請またはMM2Hの免許を所持する代理店を通して申請するか、選択が可能になりました。
今回は、マレーシアMM2Hビザ取得の流れをご説明したいと思います。

続きを読む

マレーシアでMM2Hビザを取得するメリット

マレーシア政府が許可するMM2Hビザ。
マレーシアは、日本人の長期滞在希望国の中でも5年連続で首位をキープしている人気ぶりです。
近年では、資産のリスクヘッジや日本以外の国に生活拠点を移す動きが加速しています。
そんなマレーシア政府が10年の長期滞在を許可するMM2Hビザを取得するメリットについてまとめてみたいと思います。

続きを読む

【MSCステータス】外資IT企業向け特別優遇制度について

マレーシアには1996年にMSC計画を打ち出し、海外のIT企業を新規参入、発展を促進するための
「MSCステータス」という各種の優遇措置、特典を与えた資格があります。

MSC計画について詳しくはコチラ↓

【MSC計画】経済発展するマレーシアのIT業界に優しい政策とは? | マレーシアの達人

海外で会社を設立するのって

・外国資本だと資本金がめちゃ高

・ビザとかどーなの?

・書類の手続きめんどくさい

・現地の人材を雇用しなくちゃいけないの?

など様々な疑問と不安がありますよね?

今回は、外資(100%)でも取得できる魅力的なMSCステータスについてご紹介します。

続きを読む