マレーシアの銀行メイバンク(Maybank)を帰国しても活用する方法 ※TACの受信先変更


今回はマレーシアから

・日本への帰国が決まった
・マレーシア以外の国に住むことになった

でもその後、オンラインバンキングの口座をそのままにしておくことはできるの?というお問い合わせについて記事を書いてみます。

きっかけは読者の方からのお問い合わせ

差出人: XXX
題名: 帰国後の銀行口座について

メッセージ本文:
質問させてください。

Maybankに口座を置いたまま
昨年末に帰国しています。

ネットを使った資金の移動はSMSの届かないと普通はできません。ということで日本からの資金移動は不可能なのでしょうか? 別に方法はないでしょうか? Maybankに聞くべきですが、ググってもこちらが出てきたので、質問させてください。よろしくお願いします。

 

メイバンクはmaybank2uというオンラインバンキングのシステムがあります。そのオンライン口座をそのまま保管しておけば、ビザの失効や居住期間に限らずに、銀行口座をマレーシア国外から操作することは可能です。

TACの受信電話番号を変更する

TACとはオンラインバンキングのパスワードでTransaction Authorization Codeの略です。毎回の送金や公共料金の支払い時に携帯電話のショートメール宛てにパスワードが送られてきて、送金が完了します。

このパスワードは通常マレーシアに住んでいる間であれば、マレーシアの電話番号で登録していたけど、日本に帰国してしまって受信用の番号が残っていない。

というのが質問の意図だと思います。

 

TAC番号はマレーシア国外の番号でも受信できます

TACは日本の携帯電話でも受け取ることができるので、
メイバンクのカスタマーサポート +60-3-7844-3696
に電話して、過去に使っていた電話番号から、
現在日本でお使いの電話番号 (例)+81-90-1234-5678

5営業日後にはTACを日本の携帯電話番号で
取得し、オンラインで海外送金をすることは可能です。

I would like to change my registered phone number to receive TAC with Japanese phone number.
I came back to Japan last year…

とか伝えると、スムーズかと思います。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA