マレーシアの会社の最後についてるSDN BHDって何の略?


早速、このブログを読んだ読者の方から「マレーシア語のSDN BHDとは何の略語でしょうか?」という質問がありました。初コメントが嬉しかったので、今回はマレーシアのSDN BHDについて記事にしてみたいと思います。
日本語では、株式会社、有限会社に訳されるような言葉をイメージされる方もいらっしゃるでしょう。
今回は、「SDN. BHD.」について、そして「SDN. BHD.」の株式の譲渡手続きについてご説明したいと思います。

マレーシア語のSDN BHDとは、

building-562879_640

SDN BHD 
スンディリアン・ブルハド(Sendirian Berhad)の略。
非公開会社

BHD
ブルバド(Berhad)の略。
公開会社

マレーシアには、この2つの会社組織形態が存在します。
ざっくり言うと株式を公開できる、公募できる比較的大きな会社がBHD、街の個人の会社からそれなりの私企業まではSDN BHDとなります。

たとえばマレーシア最大の石油会社ペトロナスの正式名称は・・・

Petroliam Nasional Berhad =  BHD
petronas-logo-1

マレーシアのアップル製品のプレミアムリセラー
Machinesの正式名称は

Machines Sdn Bhd
about-hero

マレーシアへ進出してくる企業の多くが、選択する法人形態である「SDN. BHD.」は日本で言う
非公開会社にあたります。

 

man-76202_640

一般の方がよく勘違いされるのですが、非公開会社とは「株式上場していない会社」という
意味ではないのです。『定款で、株式の譲渡において会社の承認を要していない会社』
を指します。
他にも、『株式の人数を50名以内に制限している会社』など条件があります。

非公開会社にあたらない会社のことを「公開会社」といい、マレーシアで「Berhad」という
法人形態をさします。
株式上場していない「公開会社」も存在するので、勘違いなさらないように。

このことを理解した上で、マレーシア法人(SDN.BHD.)の株式の譲渡手続きについても説明したい
と思います。

マレーシア法人(SDN.BHD.)の株式の譲渡手続き

euro-447209_640

①株式譲渡当事者から取締役会に対して、株式譲渡承認請求
②取締役会において譲渡承認決議
③カンパニーセレクタリーによって、取締役会決議書と譲渡証書(会社法所定のフォーム32A)を準備
④取締役会決議書に取締役が署名譲渡証書に株式譲渡当事者(譲渡人と譲受人)が署名
(併せて、当事者間の任意で作成した株式譲渡契約書に署名)
⑤譲渡人は、Shares Certificate 株券をカンパニーセレクタリーへ返却。
※日本と違い、譲渡人の株券を譲受人に手渡すのではありません。
⑥フォーム32Aをマレーシア内国歳入庁(Inland Revenue Borad)へ提出し、譲受人は印紙税を支払います。
印背税率は評価額ですが、評価額は株式の譲渡価格ではありません。
⑦カンパニーセレクタリーは、株主名簿に新しい株主の名前を記入し、新しい株券を譲受人へ交付する。

マレーシア非公開会社(SDN.BHD.)における株式買収の手続きが完了となります。

 

 

マレーシア移住、MSC取得やその他のご相談はこちらのコンタクトフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。
記事の内容についてのリクエストも受付中です♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

SNSでもご購読できます。

PR

コメントを残す

*