マレーシアで自動車事故を起こしてしまった時の対処法


マレーシアで生活をする上で、車社会のマレーシアですから、車があると行動範囲も広くなり大変便利です。日本と同じ車線のマデーシアなので、運転はさほど難しくはないのですが、特に気をつけたいのが、渋滞時の運転。近年経済成長がめざましいマレーシアでは交通渋滞がいたる所で発生します。マレーシアで運転する場合でも、万が一に備えて事故にあってしまった時の対応の流れを覚えておくのがよいでしょう。
今回は、事故に合った時の対処法をまとめて紹介します。

慌てず落ち着いて…

car-wrecked-845143_640

日本で事故に合った時でも、慌ててしまったり、焦ってしまいますよね。
習慣や文化の違う異国の地で事故に合ってしまったら、余計にパニックになってしまうかもしれません。ですが、何か分からないことが合っても、車のメーカーのコールサービス、保険会社へ電話をすることで対処法を教えてくれるので、慌てずに、落ち着いて行動していきましょう。

それでは、事故の対応を順番に紹介します。

事故対応① 必ず警察に電話しなければならない場合

通常、マレーシアでは事故を起こし、ケガ人が出ていない場合は警察への電話は不要です。
但し、パトカーやバスなど国が管轄する車両との事故の場合人身事故だった場合は速やかな事故現場から警察へ連絡が必要です。

警察の電話→ 999番

事故対応② ケガ人がいない、接触事故の場合

vw-596989_640

◎時間・風景の写真を残しておく

自分の過失ではなく、相手が明らかにぶつかってきたという場合、事故なのか、故意なのかは分かりませんよね。まずは落ち着き、「周囲に人はいるか」「暗くないか」など確認をします。
落ち着いて時間、風景を写メで残しておきましょう
少しでも不審な点を見つけたら、相手のIDを確認するまで鍵は開けません。そして車から出るのも控えましょう。
過去には、故意にぶつかってきて、車のドアを開けた瞬間に強盗を働くといった事例もあるためです。

 

◎安全確認できたら話し合う

安全が確認できたら相手と話し合いをします。事故相手の運転手名・連絡先・車両ナンバーをメモして下さい。携帯でナンバープレート、双方の車体の破損箇所なども詳しく撮って残しておきます

 

◎事故の度合いによって事故証明 or 示談か

ここからは事故の度合いによって変わりますが、事故証明(ポリスレポート)が必要な場合は、双方が最寄りの交通局へ行きます。
ここで300RM支払、レポートを作成してもらいます。修理は保険で賄うことが可能です。この場合、自分が100%悪い場合でもポリスレポート費用のみになり、それ以外の費用は発生しません。

レポートを使って、お互いがお互いの車を保険で修理するのがこちらのルールです。レポートが作成されたら交渉は終了。

地元のマレーシア人は軽い事故の場合、示談を希望することが多くあります

マレーシアでは、一般の大衆車の場合、修理費用がとても安いので、ポリスレポート費用よりも修理費の方が安い事もあるので、交渉は示談で収まる場合が多いんです。
保険を使った修理でも、1ヶ月程度かかってしまうのが普通なので、その間の通勤や生活に困るなどの様々な理由から示談を持ちかけられやすいということなのです。

示談の場合は…

自分に過失があると思われる事故の場合でも、支払の上限はあらかじめ決めておくこと。
マレーシア華人の一例で言うと、「500RMで示談か300RMでポリスレポート」と決めているんだそうです。示談金は本人次第の決定なので、日本人とみれば古い大衆車で2000~3000RMと言われたり、保険で修理の間レンタカー台を請求される可能性は高いと言えます。

その場合は、示談は無理とハッキリ付き返し、ポリスレポートを作成してもらいましょう。
示談が自分の希望で成立した場合、必ず修理代金は全て貰いましたという旨の文章を2通書いてもらうことを忘れないようにしましょう。

その際に双方のサイン・双方のIDナンバー、連絡先が必要になります。

【車を修理に出す時要注意!】

マレーシアで私の友人が車を修理に出したら、車内に積んでいたゴルフバック等の荷物が全て盗難にあっていたという被害が発生しました。事故でのパニックで慌ててしまっているかもしれませんが、車の修理に出す時は車内の貴重品を全て引き取ってから修理に出すことをお忘れなく!

 

事故の対処法の流れを説明しましたが、お分かり頂けたでしょうか。
事故に合った時は慌ててしまう事もあるでしょう。事前に対応を知っておくだけで、急な対応の時に何も知らないよりも落ち着いて行動ができると思います。
万が一に備えた事故対応、頭にいれておきましょう。

 

マレーシアでの法人設立・海外移住なら 「マレーシアの達人」におまかせください。

「やりたいことが全て短期間で実現しました。」
「そうそう!それを聞きたかったんです!」
「さすが!わかってますね!」

といったお声も多数頂戴しており
親切丁寧・臨機応変で融通の効く対応にご好評頂いています。

 

詳しくはコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA