マレーシアの電話番号を日本にいながらキープ(トップアップ)する方法


マレーシアから帰国が決まった場合や、マレーシアの銀行に紐付いている電話番号をそのままキープしたい。という場合に一体、どうやって、毎月いくらチャージしておけば電話番号をそのままキープできるの?

というご質問をお客様からいただいたので、maxisに行って聞いてきました。参考になれば幸いです。

1.毎月いくらトップアップ(課金)しておけばいいの?

※今回私が持っている電話番号はmaxis(Hotlink)の場合です。Digiやその他のキャリアは価格設定が違うと思うので、各社確認してみて下さい。

maxisの担当者の方いわく、

【最低RM5トップアップ(課金)した場合】

5日間通話できるそうです。

さらに、一度課金すると50日間のグレースピリオド(電話番号をキープできる日数)

が与えられるそうなので、55日に一回最低RM5トップアップ(課金)

【RM30トップアップ(課金)した場合】

30日間通話できるそうです。

さらに、こちらも50日間のグレースピリオド(電話番号をキープできる日数)

が与えられるそうなので、80日に一回最低RM30トップアップ(課金)

※30日通話期間+50日のグレースピリオド=80日電話番号を維持できます。

2.マレーシア国外から遠隔でトップアップ(課金)する方法

2-1.Hotlinkアプリからクレジットカード決済

Hotlink RED App – Download Now
https://www.hotlink.com.my/redapp

Hotlinkのアプリをダウンロードして、以下のページ+TOP UPをクリック

Credit/Debit Cardをクリック

金額を選択してContinue

メールアドレスと電話番号を入力して緑色の[Pay with Credit Card]をクリック

カード情報を入力してContinueをクリック

最後にアプリのBALANCEが増えていればトップアップ完了です。

2-2.メイバンクのオンラインバンクからトップアップ(課金)する方法

メイバンクのオンラインバンキング(Maybank2u)にログインし、画面右上のPAY&TRNSFERをクリック
去年くらいからメイバンクのインターフェイス変わりましたね…。

RELOADを選択しMobile Prepaidを選択

プルダウンからキャリアを選択

Recipient Mobileにトップアップ(課金)したい電話番号を入力しRELOADをクリック
金額(Reload Amount)は口座から引き落とされます。

まとめ

今回はマレーシアのプリペイドSIMを遠隔からトップアップ(課金)する方法を2つまとめました。出張でしばらくマレーシアにいない時や日本からマレーシアの銀行口座の番号をキープしておきたい時の参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA