セカンドライフにお勧め!MM2Hでマレーシア移住の魅力とは?


数年前から、定年後にマレーシアに移住する方が増えています。
日本人の移住希望先ランキングでも長年「マレーシア」が1位をキープしているのです。
もちろん観光地としても最適なマレーシアですが、今回は、マレーシアの「移住先候補No.1」として選ばれる魅力についてご紹介したいと思います。

0

マレーシアは、ビザが無くても90日は滞在することが出来たり、リタイアメントビザ、
MM2Hといった長期滞在ビザなどがあります。

マレーシアMM2Hビザに関する記事はコチラ↓
マレーシアでMM2Hビザを取得するメリット | マレーシアの達人
マレーシアに10年間住めるビザMM2Hの取得条件 | マレーシアの達人

マレーシアは比較的ビザが取得しやすいんです。
アメリカでの調査でも、移住先希望ランキングでは3位に入るほどなんです。
では、そのマレーシアの魅力についてご紹介しましょう。

物価が日本の1/3

IMGP5610[1]

マレーシアは、日本とほとんど同じ生活水準ですが、物価は約3/1。
物価が安いので、安く豊かな暮らしができます。
マレーシアにもイオンや伊勢丹といった日本のデパートが展開されています。

医療レベル・医療施設の充実

Hospital-pantai[1]

マレーシアの医療技術のレベルは非常に高く、先端の設備を備えた医療施設も充実しています。
最近では、日本人スタッフが常駐している病院も増えているんです。
私はマレーシアに来て1週間目で指を脱臼し、病院で全身麻酔をして手術をしたのですが、日本人のアドミニストレーターの方が丁寧に対応してくれました。

Pantai Hospital Kuala Lumpur
http://www.pantai.com.my/OurHospitals/PantaiHospitalKualaLumpur.aspx

インターナショナルスクールの充実

futurus_90247_0-enlarge[1]

教育環境がとても良いと言われているマレーシア。
クアラルンプールには、英語圏のインターナショナルスクールが約30校あり、さまざまな
国籍の子ども達が触れ合いながら語学だけでなく、国際感覚も磨けるのです。

温暖な気候と少ない天災

blue-259748_640

気候が1年中を通して夏のマレーシア。
気温は22度~34度ですが、日本のような蒸し暑さを感じることはありません。
温暖で過ごしやすい気候なのです。
そして、地震、天災も少なく安心して生活ができます。

都市部・郊外・ビーチリゾート

beach-694868_640

都市部を出れば郊外、世界的に有名なビーチ、買い物に適している島、自然豊かなコタキナバルと様々なスタイルを楽しむことができます。
首都のクアラルンプールからでも空路で1時間程度なので、ちょっと足を伸ばせば美しい大自然に触れることができます。

マレーシアのビーチリゾートに関する記事はコチラ↓
マレーシア魅惑の絶景ビーチリゾート厳選9つ | マレーシアの達人

親日的な多民族国家

マレー系、中国系、インド系とさまざまな民族が住む多民族国家
英語が公用語として使用されているので、第三言語を学ぶ心配はありません。
そして、全体的に日本人への親和性がとても高く、移民にとても寛容な国です。
マレーシアの人たちは、おおらかで、根が明るい国民性と言われています。

成長し続けるクアラルンプール

kuala-lumpur-170985_640

マレーシアの首都であるクアラルンプールは、東南アジアでも有数の世界都市
経済発展、人口増加率と共に順調な成長を見せ、さまざまな外国企業などが投資先として注目を浴びている中、マレーシア政府も海外マネーを意識した計画を打ち出しています。
今後も成長に目が話せない都市なのです。

 

マレーシア移住、MSC取得やその他のご相談はこちらのコンタクトフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。
記事の内容についてのリクエストも受付中です♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

SNSでもご購読できます。

PR

コメントを残す

*