マレーシアで会社設立するには?【現地法人編】


外国人がマレーシアで企業進出するときの方法は大きく分けて3つあります。

  1. マレーシアで現地法人の設立
  2. 外国で設立された法人のマレーシア支店
  3. 駐在員事務所現地法人の設立今回の記事ではまず「1.マレーシアで現地法人の設立」について紹介していきます。マレーシアでの現地法人設立手続き外国人または企業(マレーシアから見た外国なので私たち日本人を指します)が会社を設立する際は、株式有限会社(Company Limted by Share)を選ぶのが一般的です。

英語の略称ではよく「Co., Ltd.」と表記されています。
マレーシアではマレー語のSendirian Berhadを略して会社名の後に「Sdn. Bhd.」と表記されます。

(1) 会社名の使用許可申請

会社設立に際し、まずマレーシアの会社登記所(Companies Commision of Malaysia[通称:CCM])に希望する会社名の(社名使用許可申請 [通称:ネームサーチ])で行い、許可を得ます。ネームサーチには、ネームサーチ申請書(Form 13A)を使用する。オンラインでの申請により半日から1日で結果を得ることができます。

※ハイフンやドットを入りの社名は認められていないのでご注意!

社名使用の許可は、3カ月間有効で、この間にCCMに登記書類を提出し、設立登記を行います。

会社名を選ぶ時の注意点についてはコチラ↓
マレーシアで会社設立するためにまず初めにすること
http://tellme-malaysia.com/2015/05/25/01-2/

(2) 書類の提出および会社設立

設立登記のためにCCMに提出する標準的な書類はコチラ↓

a. 会社定款(Memorandum and Articles of Association:M&A)
b. Form 6(カンパニーセクレタリー[会社秘書役]による法定宣誓書)‐ 第一会社秘書役が、会社法に基づき設立手続きを完了した旨を述べたもの。
c. Form 48A(取締役および発起人による法定宣誓書)‐ 設立以前に、取締役および発起人が債務未返済の破産者ではなく、特定の不法行為による有罪判決を受けたことがないこと、および取締役としての役目を務めることに同意する取締役・発起人による法定宣誓書
上記の設立登記書類、Form 13Aおよび社名許可書を登記料と共にCCMに提出すれば、1~2日で設立登記書(Form 9)が発行されます。

登記料についてはコチラ↓

資本金(RM) 登記料(RM)
400,000以下 1,000
400,001~500,000以下 3,000
500,001~1,000,000以下 5,000
1,000,001~5,000,000以下 8,000
5,000,001~10,000,000以下 10,000
10,000,001~25,000,000以下 20,000
25,000,001~50,000,000以下 40,000
50,000,001~100,000,000以下 50,000
100,000,001以上 70,000

(3)会社設立登記のための発起人、株主、取締役の規定

a. 2名以上の株主あるいは1社以上のの法人の株主
b. 2名以上の取締役、そのうち2名ははマレーシアの住所を持っていること
※実際にマレーシアに住んでいない場合は仮住所で申請することも事実上OKです。

(4) 設立後の義務

設立後1カ月以内に、会社法で規定されているフォームをCCMに登記します。

<設立後1カ月以内に登記すべきフォーム>
a. Form 4‐株式の割当てに関する申告書
b. Form 44‐登記事務所住所の通知
c. Form 49‐取締役、経営者、会社秘書役の名簿

上記フォームの内容を取締役会で確認・決議し、届出を行います。取締役会は、書面決議でも可能です。

第1回取締役会での主な決議事項は下記の通りです。

【主な決議事項】
a. 会社設立登記の完了および設立登記書受領
b. 会社定款がCCMに提出され、会社の定款として採用確認
c. 最初の取締役2人の確認
d. 登記住所の決定
e. 会社秘書役の選任
f. 会社印章の採用
g. 発起人の株式に関し、株主名簿への記載と株券の発行を行うことの確認
h. 取引銀行、小切手署名者、口座の種類などの決定
i. 外部監査人の選任
j. 会計年度の決定

(5) 設立後第1回目の株主総会の開催

AGM-2013

マレーシアの現地法人は、設立日から18カ月以内、または会計年度末の6カ月以内のどちらか早いほうに、最初の年次総会を開催することが求められます。

まとめ

いかがでしたか?今回はマレーシアで現地法人を設立する基本の流れと、必要なことについて書いてみました。続編もお楽しみに!

マレーシアでの法人設立・海外移住なら 「マレーシアの達人」におまかせください。

「やりたいことが全て短期間で実現しました。」
「そうそう!それを聞きたかったんです!」
「さすが!わかってますね!」

といったお声も多数頂戴しており
親切丁寧・臨機応変で融通の効く対応にご好評頂いています。

 

詳しくはコチラ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 神鳥 より:

    マレーシアの就業ビザに関して色々教えてください。
    良かったらメールください。

    1. 大野 テルミ 大野 テルミ より:

      神鳥様

      望様

      お問い合わせありがとうございます。
      こちらのお問い合わせフォームからご記入頂いた方から
      順次、ご相談を受け付けておりますので、フォームのご記入をお願いします。
      https://goo.gl/forms/3Vb4ijNbYFiNwpeW2

コメントを残す

*

CAPTCHA